秩父両神山のクマ十郎くんの あの頃キラキラ青春映画🌿エトセトラブログ 

何故か青春映画ドラマ小説好き。何故かみんなが非難する人を支持することあり。安倍総理とか。

青春伝記小説《美は乱調にあり》🔥🌺🌸

美は乱調にあり (角川文庫)

寂聴こと瀬戸内晴美さまの若き日の大傑作青春伝記小説でごんす💮💫

主役は、大正アナーキスト大杉栄さまとその妻、伊藤野枝(のえ)さま☺
本作は、特に《青鞜婦人》野枝さまに焦点をあてて書かれてまして。

知性と文才、情熱で、思想誌「青鞜」のリーダー平塚らいてうさまらとともに、20世紀初頭の我が国の現状に異議を唱え、闘った伊藤野枝姉さま🌊🍀

夫、大杉栄さまや同士たちとともに、度重なる言論弾圧と、発禁、裁判、罰金拘留刑等による苦難と貧困が、次々に降りかかったでごんす🌠💧
ですが、当時のアナーキストさまたちの頼もしさ✨
そんな強権の圧力をものともせず、自らの主張を掲げ、火のごとく熱い新聞記事や刊行物を繰り出し、社会改革に青春を捧げ………、結果若くして落命された人も多く😔(大杉栄さまも野枝さまも…)

100年も前の過去の出来事かもしれません☁☺
ですが、今の平穏な時代は、ことごとく過去の先人たちの、血と汗、涙と情熱、熱い想いによって築かれている🌸💮

そのことを、小生、忘れないようにしたいでごんす🌠🍀

現代日本人の醒めた目で見ると、〈熱すぎ〉と思うような当時の人々の燃えた生き方は、みな、時代の必然🍀《世のため人のため》なんだいな🐻

だから、今の平和な時代の基準で、過去の人々の“過度に見える命懸けの言葉や行動”を裁いてはいけないなあ、と常々思ってるでごんす🐻💦🌿

まあ小生未熟者なので、あまり偉そうなことは言えないでごんすが💧💦(汗)